犬と暮らす。

アラフォー独身OLが犬と暮らし始めました。

--------------:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012-06-29-Fri-01:09

ビションフリーゼを理解する。

少々時間が経ってしまいましたが

エリカラを着けて2週間

RIMG2654.jpg

ホットスポットの再診のため先週の土曜日、動物病院に行ってきました。




獣医さんの


「ほとんど治ってきてますね。」


その言葉にホッ


「明日トリミングの予約してあるんです~」


ルンルンに答える私。






すると




「かさぶたを取りましょう。」





え??


かさぶたって無理やりとっちゃうもんなの??





膿の乾いたかたまりとかさぶたを

コームで梳く 梳く 梳く…




い…痛そうなんですけど…。




だんだん 皮膚が赤くなっていく…。




「あぁまだ治ってませんね。

あと10日分のお薬出しますので

エリザベスカラーも着けててくださいね」





正直 

はぁ? って感じでした。




「できればシャンプーもあと1週間待ってください。」

。。。





今回、はじめてホットスポットというものができ

そらの皮膚が大変なことになった。




でも


病院で「ホットスポット」と診断されたわけではない。



なのに何で私がホットスポットだと思ったかというと

お世話になってるビションのブリーダー&トリマーさんの判断と

自身でネットで調べ、ブログ村のみなさんの記事を参考にされていただき

たどり着いたものだ。




なにより

獣医さんがはっきりした病名を言わず、

ぐじゅぐじゅに膿んだ患部を見た瞬間に目を背け


「痛がるから診れないので3日間抗生剤飲んで様子みましょう」


と言い、

私がホットスポットなのではと尋ねると

初めて聞いたかのような顔をされてしまったこと。



…もの凄い不安。




小さい病院だけど

先生がそろっていて年中無休の動物病院。


そらが誤飲したとき

この病院がなかったら今のそらが存在したかわからない。


ツメダニに刺されたときも

ここでお世話になったし

去勢&臍ヘルニアの手術もきちんとしてくれた。




だけど…


今回初めて担当してくれた先生。

正直最初の対応から不安が残った。



結局

帰り際に患部に塗る軟膏のような塗り薬をもらった。



なんだか

再診で悪化した感じ。



言われた通り飲み薬は今も飲ませてるけど


なんとなく

言われた通りにしていたら余計悪化しそう。



エリザベスカラーで首元毛玉だらけだし

ストレスで前足噛むようになってきて

体中蒸れやすくなってる気がした。



なので

私の判断でトリミング出してみた。

RIMG2660.jpg

ビションに詳しいトリマーさんの判断にまかせたい。

そらの大好きなマハロさんに久々に行ってきた。


(マハロさんでのそらは→ コチラ) 


マハロさん:
 「どしたのこれは!!」


毛玉がっぱい


「大きなイヤリングくっ付けて」


…すみません。




患部を見てもらい


「シャンプーできるよ。

むしろシャンプーしないと無理。」




おぉ よかった。来てよかったぁ。。。




病院での出来事を話し

ビションを知らない獣医さんって意外と多いということを知った。



「子供と同じなんだから

おかしいと思ったら相手が獣医さんでも言ったほうがいいよ」



全くその通りだ。


「先生、大丈夫ですか?ってさ」


 ̄m ̄) ぷぷっ

そんなん言えるのマハロさんだけだよ


ってなわけで

3週間ぶりに、キレイにしてもらいました

RIMG2706.jpg
前回注文したクールクールの新作のお洋服も届いてました



毛玉のおかげでかなり毛が抜けてたみたい。

せっかく生えてきたアンダーコートがなくなっちゃいました(;;)
RIMG2691.jpg
でもまた生えるって。よかった。


毛玉ができると毛も抜けるのね。

初めて知りました。

RIMG2688.jpg

カラーも着け続けると皮膚には良くないよね。

早く治すには早期発見ってことか。

RIMG2687.jpg
楽しそうなそら。

いつも気づくの遅くてごめんね。

RIMG2693.jpg

未だ地元では珍しいビション。

連れて歩いていると、みんなに声をかけてもらえます。


でも

ビションを知らない獣医さんが多い中

ビションどころか犬初心者の私は

これからそらの緊急時にどう対処できるのか。。。


近隣の病院の存在は大事。

でも、ビションに詳しい病院も、これから探しておこう。

そして

自分自身も、お手入れだけじゃない

ビションフリーゼという犬を

もっともっと理解しないとね


にほんブログ村 犬ブログ ビションフリーゼへ
にほんブログ村

スポンサーサイト
HOME NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。